霧矢大夢主演『LULU』上演決定!

霧矢大夢主演でドイツの名作戯曲『LULU』の上演が決定しました。
上演台本・演出は小山ゆうなです。

『LULU』はドイツの劇作家フランク・ヴェデキントの『地霊』と『パンドラの箱』の二部作を一作品としてまとめた物語です。
今回はunratoのプロデュース公演として現代化し上演します。
昨年の舞台「チック」で読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した小山ゆうなと霧矢大夢の初顔合わせです!

『LULU』

【公演日程】
2019年2月28日(木)・3月1日(金) プレビュー
2019年3月2月(土)初日 ~3月10日(日)千穐楽
【会場】赤坂RED/THEATER
【出演】霧矢大夢、ほか

【作】 フランク・ヴェデキント
【翻訳】 楠山正雄
【上演台本・演出】 小山ゆうな
【チケット発売開始】 2018年12月下旬予定
【あらすじ】
町で拾った少女ルルを育てたシェーンは彼女に惹かれながらも令嬢と婚約し、ルルは老ゴル博士に嫁がせる。結婚後もルルは、カメラマンのシュヴァルツ、シェーンの息子で劇作家のアルヴァ、画家のゲシュヴィッツらに出会い、彼らを魅了していくが…。

(撮影:宮田浩史)

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。