231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

『受取人不明』一般発売について


『受取人不明 ADDRESS UNKNOWN』
8月10日(土)午前10時~ 一般発売スタートです。

下記プレイガイドにて先着発売します

■チケットぴあ
0570-02-9999
Pコード:496-092
https://w.pia.jp/t/address-unknown2019/

■e+
https://eplus.jp/unrato/

■Confetti
http://confetti-web.com/address-unknown2

■CoRich
https://ticket.corich.jp/apply/100666/
※カード不可。銀行振り込み

学生券、高校生以下のチケットはCoRichのみとなります。
サンモールスタジオでお待ちしています。

『受取人不明』キャスト先行のお知らせ

『受取人不明 ADDRESS UNKNOWN』のキャスト先行が
7月20日(土)12:00~スタートします。(先着・振込)

各キャストの申し込みページは下記となります。
約90席の小さな劇場ですので、お早めのご予約をお待ちしています。

青柳尊哉
https://ticket.corich.jp/apply/100666/003/

須賀貴匡
https://ticket.corich.jp/apply/100666/004/

池田努
https://ticket.corich.jp/apply/100666/005/

畠山典之
https://ticket.corich.jp/apply/100666/006/

高木渉
https://ticket.corich.jp/apply/100666/007/

大石継太
https://ticket.corich.jp/apply/100666/008/

【公演情報】
『受取人不明 ADDRESS UNKNOWN』
2019年10月3日(木)~2019年10月14日(月・祝)

【会場】
サンモールスタジオ
http://www.sun-mallstudio.com/access.htm

【チケット料金】
一般¥4800、学生¥3000、高校生以下¥2000
(学生・高校生以下のチケットは公演当日身分証のご提示が必要です)

【タイムテーブル】
10月3日(木)  19:00 B
10月4日(金)  19:00 A
10月5日(土)  19:00 C
10月6日(日)  12:30 C/16:00 B/19:30 A
10月7日(月)  休演日
10月8日(火)  14:00 C/19:00 B
10月9日(水)  19:00 D
10月10日(木) 19:00 E
10月11日(金) 14:00 A/19:00 C
10月12日(土) 12:30 A/16:00 C/19:30 B
10月13日(日) 14:00 B/19:00 A
10月14日(月) 12:30 C/16:00 A

A:青柳・須賀/B:池田・畠山/C:高木・大石
D:青柳・畠山/E:池田・須賀

『受取人不明』チケットについて

6月28日より『受取人不明 ADDRESS UNKNOWN』の先行予約を開始します。

■unrato先行(先着・振込)
6月28日(金)12:00~7月12日(金)23:59
https://ticket.corich.jp/apply/100666/

【料金】
一般4,800円 学生3,000円 高校生以下2,000円
通しチケット(一般のみ)13,000円
※通しチケットは、
10月6日(日)の12:30、16:00、19:30
10月12日(土)の12:30、16:00、19:30
上記の同日3公演をセットにしたチケットです。各日の12:30の公演からお申し込みください。

unrato先行の後は
■キャスト先行 7月20日(土)12:00~
■プレイガイド先行 7月27 日(土)10:00~
■一般発売 8月10日(土)10:00~

を予定しています。詳細は後日、Twitter、HPでお知らせします。

『受取人不明』10月上演、新キャスト決定!

『受取人不明 ADDRESS UNKNOWN』の再演決定!
2019年10月3日(木)~14日(月)、サンモールスタジオにて上演します。

日本初演となった昨年の
青柳尊哉×須賀貴匡】【池田努×畠山典之
の2チームに加え、2019年版には新キャストが決定!
新たに登場するのは、
声優としてはもちろん近年は舞台やドラマへも活躍の幅を広げている高木渉と、
故蜷川幸雄氏の演出作品でもおなじみ、多彩な舞台で活躍する大石継太の、
実力派2人です。

初演2チームは、組み合わせを入れかえたスペシャル公演も行います。
どうぞご期待ください。

原作:クレスマン・テイラー
脚色:フランク・ダンロップ
翻訳:小田島創志
演出:大河内直子
日程:2019年10月3日~10月14日 サンモールスタジオ


チケット:一般4,800円、学生3,000円、高校生以下2,000円(全席指定・税込)
unrato先行発売:2019年6月28日(金)
一般発売は2019年7月下旬予定

■あらすじ■
マックスとマルティンはアメリカで共に画廊を経営し成功を収めた親友同士。
1932年、ドイツ人のマルティンは家族とともにミュンヘンに帰国。ユダヤ人のマックスはサンフランシスコに残ることになり、ドイツとアメリカにいる2人の手紙のやりとりが始まる。
そのころ、不況にあえぐドイツにはヒットラーが登場。貧困に苦しむドイツに戻った裕福な成功者であるマルティンは、徐々にナチズムに心頭していく。
一方、ドイツで女優活動を行う妹の行方を心配するマックスは……。

1938年、アメリカのストーリー誌に発表された往復書簡による小説『ADRESS UNKNOWN』の舞台版です。
物語は1932年から1934年の間に交わされた20数通の手紙によってつづられます。
2人の手紙のやりとりという小さな交流から浮き上がる、世界の荒れ狂ったうねりとは?
現代の日本にも深く刺さる物語です。

大河内直子ワークショップ開催

大河内直子ワークショップ 1st『出逢う ~un rato』を開催します。

Quiero dormir un rato,
un rato, un minuto, un siglo;
pero que todos sepan
que no he muerto.
Garcia Lorca

ぼくはほんのすこし眠りたい、
一瞬、一分、一世紀
どうか、皆に知ってほしい
ぼくが死んだのではないということを。
ガルシア ロルカ

 

クリエイティブユニット「unrato(アン・ラト)」では演出家・大河内直子のワークショップを開催します。
大河内は長年、蜷川幸雄氏の演出助手をつとめ、2017年にunratoを立ち上げました。
unratoはいつも、戯曲に、言葉に、俳優に、人に、出逢いたいと願っています。
ワークショップでの出逢いが、今後のunrato公演への出演へもつながればとも思います。
ご参加、お待ちしています。

大河内直子(おおこうち・なおこ)略歴
1992年、英国王立演劇学校(R.A.D.A.)に日本人で初めて入学。演出とプロダクションマネージメントを学ぶ。英国で蜷川幸雄に出会い、卒業後は演出助手、翻訳などに携わる。
蜷川幸雄作品では『夏の夜の夢』『身毒丸』『美しきものの伝説』『コースト・オブ・ユートピア』『ムサシ(ロンドン・NYバージョン)』『NINAGAWAマクベス』『尺には尺を』『海辺のカフカ』などに演出助手として参加。海外公演も多数担当する。
演出作品に『犀』(2004年)、『さすらい』(2006年)、『I DO! IDO!』(2014年、霧矢大夢が読売演劇大賞優秀女優賞)、『THE LAST FLAPPER』(2016年、2017年)など。昨年は日本初演『BLOODY POETRY』(赤坂RED/THEATER)、『I DO!I DO!』(博品館劇場)、日本初演『受取人不明 ADDRESS UNKNOWN』(赤坂RED/THEATER)を演出している。

【大河内直子よりご挨拶】
芝居と向き合っている時、
台本を手にした時、
私たちは本当に言葉と出逢っているでしょうか?
本当に作者が描こうとしている世界の核に出逢っているでしょうか?
出逢いから表現。
普段何気なく通っているプロセスを
もう一度見つめ直し俳優として作品を立ち上げていく過程を
豊かな育みの時間として再認識する機会にしていきたいと思います。

日常の中に溢れるアクセスしやすい言葉ではなく、
機会がないと触れないような作品、
日本の演劇の歴史を切り拓いてきた木下順二などをテクストに
セリフとの出逢いから表現までのプロセスの鍵を考察していきます。
自分では中々手に取る機会が少ない台本にも、アクセスできる鍵がある。

今改めて日本の演劇の礎を築いてきた作家たちの言葉を紐解き出逢うこと-。
それは俳優として大きな歴史の流れの中の一人である自覚を生み育て、
言葉の泉を豊かにしていくことにつながります。
過去から現在へと今がつながり、今の私がある。
時代を切り拓き今の日本の礎を築いた、大正時代の若者たちの言葉に
日本の演劇を切り拓いてきた作家の言葉に出逢ってみませんか。

平成から新しい時代への節目にいる私たちが
『昭和から平成という時代を乗り越えた作家が描く
明治から大正という時代を駆け抜けた若き革命家たち』
の言葉を当時と同世代の俳優たちと読み解き
私たちの今を表現してみること。
そこから次の時代へ継承していくものが見えてくるはずーという初めの第一歩です。
共にこの出逢いを育んでくださる方、
ひとときご一緒しませんか?

大河内直子ワークショップ 1st『出逢う ~un rato』
日程】6月1日(土)、 2日(日)、 7日(金)、 8日(土)、 9日(日)
時間】Aクラス 11:00-15:00/Bクラス 16:00-20:00 (2クラス実施)
場所】都内スタジオ

応募資格】18歳以上の俳優。または俳優を志している方(特に20-30代の方は大歓迎です)
応募人数】各回10名程度(応募者多数の場合には、書類選考を行う場合がございます。ご了承ください)
参加費】16,200円(消費税込み/テキスト・会場費込み)
<最終日について>
最終日に、各クラスの成果発表を行います。
スケジュール的に可能でしたら、最終日のみ、もう一方のクラスも「見学」という形でご参加ください。

【ワークショップの内容】
1日目:木下順二作『冬の時代』通読1
2日目:木下順二作『冬の時代』通読2
3日目:自分の好きなセリフ、もしくはこちらが課題で渡すセリフの発表~エチュード
4日目:3日目をもとに発表の形式へと進めるエチュード
5日目:各クラス発表
<エチュード発表について>
まずはそれぞれ、『冬の時代』および同時代に書かれた戯曲・参考文献などから好きな言葉を選んで頂きます。
(こちらからいくつか候補となる言葉をピックアップしてお送りしますが、それ以外のものを選んで頂くことも可能です)
それを基に、別の言葉を組み合わせたり、構成し直したりして、それぞれのモノローグを立ち上げていきます。
その上で、すべての参加者のモノローグを、全体としてひとつの作品となるよう構成し、最終的に「作品発表」をするというところまで立ち上げていきたいと思っています。

【応募要項】
メールでのお申し込みとなります。

unratows@gmail.com
まで、下記を明記のうえ、送信ください。

①名前
②年齢
③性別
④写真(顔が分かるもの)
⑤演技経験(プロフィール)
⑥ひとことPR
⑦希望するコース AクラスorBクラス
⑧好きなセリフや詩を手書きで書いたものを写真に撮って添付してください(可能なら)
※返信はgmailから行います。gmailが受信可能なアドレスからご応募ください。

【募集期間】
4月19日(金)~5月10日(金)

『LULU』DVD発売決定!

『LULU』のDVD化が決定しました。
9月に発売予定です。

現在上演中の劇場(赤坂レッドシアター)にてご予約を受け付けています。
1本7,500円(税込)
会場でご予約いただきますと送料(500円)をサービスします。
(8月下旬に発送予定)

※3月4日(月)の14時・19時の公演に映像収録用のカメラが会場内に入ります。収録された映像はDVD化やプロモーション等に使用します。予めご了承ください。

『LULU』配役について

『LULU』の配役をお知らせします。

霧矢大夢:ルル
広瀬彰勇:シェーン(編集長)/ジャック
多田直人:シュヴァルツ(カメラマン)/ロドリーゴ(軽業師)/ヒルティ(大学講師)
山本匠馬:アルヴァ(シェーンの息子、劇作家)
紫城るい:マルタ・ゲシュヴィッツ(伯爵令嬢)
霜山多加志:ゴル(医科部長)/フニダイ
中村彰男:シゴルヒ/猛獣使い/カスティ=ビアーニ(公爵)/クンク=ポンティ(某国の皇太子)

『LULU』フライヤー公開

『LULU』のフライヤー・ビジュアルが公開されました。
霧矢大夢が演じる現代の『LULU』にご期待ください。

『LULU』unrato先行予約のお知らせ

unratoプロデュース『LULU』の先行予約を
12月25日(火)午前10時からスタートします。

下記URLよりお申込みください。
https://ticket.corich.jp/apply/96966/
※先着順・振込となります。

1月12日(土) プレイガイド先行
1月19日(土) 一般発売
を予定しています。

『LULU』キャスト・日程決定!

unratoプロデュース『LULU』の全キャストが決定しました。
さまざまなフィールドで活躍する実力派が顔を合わせます。
どうぞご期待ください。

 『LULU』
原作:F・ヴェデキント(「地霊/パンドラの箱」より)
翻訳:楠山正雄
上演台本・演出:小山ゆうな
音楽:松田眞樹

【キャスト】
霧矢大夢

広瀬彰勇
多田直人
山本匠馬
紫城るい
霜山多加志
中村彰男

【公演日程】
2019年
2月28日(木)  ★19:00
3月 1日(金)  ★19:00
3月 2日(土) 13:00
3月 3日(日) 13:00
3月 4日(月) 14:00/19:00
3月 5日(火) 休演日
3月 6日(水) 14:00/19:00
3月 7日(木) 14:00
3月 8日(金)  19:00
3月 9日(土) 13:00
3月10日(日) 13:00
★はプレビュー

【会場】
赤坂RED/THEATER

【入場料】(全席指定・税込)
一般7,800円/学生5,000円
プレビュー6,500円

【一般発売】
2019年1月19日(土)10時~

(撮影:宮田浩史)